やっぱり気になる!賃料をチェック

賃料の希望額を決めておく

賃貸物件を選ぶ際に気になるのが毎月かかる賃料です。希望している間取りや設備などはある程度妥協できる部分はありますが、毎月の経済的負担を考えると賃料だけは譲ることができないといった方も少なくないのではないでしょうか。まずは事前に、どれぐらいまでの賃料なら出せるのかを考えてみましょう。通常給料の3分の1程度までであれば可能とは言われていますので、20万円の手取り給料であれば約6万円程度まで可能となります。ただし、これも人それぞれで、もっと安い物件に住みたいという方もいるでしょうし、住むところにはもう少し上乗せしてもいいかもしれないといった方もいるでしょう。まずは、どの範囲までなら出せるのかを考えておくことが大切です。

賃料の内容に関してもチェックしておく

賃料と一言で言ってもその中には純粋な家賃代と共益費、駐車場などが含まれていることがあります。共益費などを取る場合は、管理をしてくれる管理会社や大家さん、オーナーが設備に関してしっかりチェックをし管理してくれるので、環境としては良いものの負担費用が必要なのも事実です。また、車の駐車場が別途必要という場所もあります。車を持っている人にとっては賃料に含まれているのか、別途必要なのかはかなり金額に差が出てきますので事前にチェックしておくと安心です。さらに、契約更新に伴って再契約が必要な物件の場合、契約費用が新たに発生したり、火災保険への再加入が必要となりますので、その点のトータル的な金額もチェックしておきましょう。